スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉末洗剤と液体洗剤の比較

ついに結論が出たので、比較記事を作る
比較には同一メーカー、ほぼ同じ性能と思われる2種類の洗剤を使用

総合的に判断するため、いくつか比較項目を作るよ

使用感

満タンからの使用回数

使いやすさ

こぼしたときの被害の大きさ

価格

空容器を捨てるとき

まずは使用感
使用感は粉末、液体でどれだけ汚れ落ちが変わるか
正直、普段着ではほぼ差はない
粉末がやや強いって意見も見たけど、溶けやすさの違いからか粉末では落ちなかった汚れが液体では落ちてる気もする
個人の感じ方もあるため、差はほぼないとする

使用回数
こちらもほぼ同じ
俺は3日に1回くらいのペースで洗濯してるけど、どちらもほぼ1ヶ月でなくなった

使いやすさ
断然液体
粉末は溶け残りが気になって、洗濯機の水が流れてるところに慎重に入れてた
液体は確実に溶ける(ってかすでに溶けてる)から、適当に入れても大丈夫
特に安アパートだとベランダにしか洗濯機を置けず、洗剤が溶けない人も多いと思う

こぼしたときの被害の大きさ
実際にこぼしたわけじゃないけど、万が一こぼしたとき
こちらは粉末がいいと思う
掃除機をかけるだけだし
液体はある程度布に吸わせて、泡が出なくなるまで磨くんだろうか?
ほうっておいても乾きそうな気もするけど、さすがに不衛生かと

価格
これは粉末がやや安い
ちなみに比較対象は粉末の箱と、液体の詰め替え用
なぜ詰め替え用かと言うと、液体はボトルを買ったら詰め替えるのが基本のはずだから
ただ、それでも粉末が液体より10円安かった
これを高いと見るか、安いと見るかは人によると思う

空容器を捨てるとき
こちらも液体は詰め替えが基本と考えて、詰め替えパックと粉末の箱の比較
見るまでもなく液体のパック
粉末は箱とスプーンがゴミとして出る
ほとんどの地域で可燃ごみと不燃ごみとして分別しないといけない
詰め替えパックは不燃ごみのみ
さらに小さくたたんでテープで止めることで粉末のスプーンより小さくすることが可能
ごみ袋いっぱいになるまでつめると、差は歴然だと思う
さすがにそこまではやってない
粉末の箱は可燃ごみのごみ箱として利用→そのまま袋へって技が使えるけど、スプーンがネック

結論
ほぼ同じ仕事をするけど、溶けやすさ、捨てるときの体積の差で液体が有利
粉末が溶けなくて、どう溶かすか試行錯誤してる人はこの際液体に乗り換えてはどうだろうか

ちなみに、汚れがひどいところに直接付けておくことができるのも液体の利点
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
リンク
応援サイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。