R15くらいで仕上げたい@ガン×武

ガンさんと武さんのある日の物語
それは2人とも転生したての土曜日のことでした。

「・・・誰もこねえな」
ガンさんは暇そうに1人でもくもくと探検していました。すると、そこに1人ギルドメンバーがきました。
武子丸さんがログインしました。
「お~っす武子」
「いよぅノ」
いつものように挨拶して、とりあえず合流しました。
「転生したし、影でも行くか」
「・・・ギルメンは2人だけみたいだねぃ」
この日はなぜか誰もインしてこなかったのです。
「まあ2人でもいいっしょ。むしろ・・・」
「ん?どうかした?」
ガンさんは思わず2人のほうが都合がいいといいそうになってしまいました。
でも男同士。こんなこといえるはずもありません。
別のことを話して紛らわせます。
「・・・ウォーリアは2人までだしなって思ってな」
そして2人で影クエストにいきました。
「ぎゃあああ!」
なぜか武さんがすぐにやられています。普段はこんなことないのに・・・
「おいおい、大丈夫かよ」
ガンさんが駆け寄ってきますが、すでに戦闘不能。ナオも使い切ってしまい、羽を出します。
「今日はなんか調子悪いみたいだな」
武さんの治療をしながらガンさんが心配したように声をかけます。
「・・・うん、実は・・・」
「うん?なんかあったのか?」
武さんは言いにくそうにしながらも、その口を開きます。
「ガンさんに・・・みとれちゃって・・・」
ガンさんは胸の鼓動が速くなるのを感じました。両想いだったなんて・・・
「いくらでも見てていいぜ」
「・・・え?」
「武子のことは・・・俺が守るから」
そしてどちらからともなく2人の距離は縮まり・・・
唇を重ねました。
「だめだよガンさん、クエストの途中だし」
「時間制限ないんだからいいだろ。それよりもっと武子を近くに感じたい」
ガンさんの手が武さんの中心に触れます。
「あっ」
激しく、でもその中に優しさのこもった手つきでこすりあげてきます。
「お前も・・・俺のを」


これ以上は無理かなあ~
怒られそうww
スポンサーサイト

comment

Secret

ひどいwwこれはひどいwww

文章は読みやすくて面白かった!それは認めようッ!

しかしwww

言い方が特徴をとらえてて生々しいww

というか、ステッキン変なの読み杉wwww

病院逝け ^o^

No title

ちょwww吹いたわwww

No title

なんかよくわかんないけどいい話だな~(p_q)

No title

そこ感動するとこちがうwww

No title

何このカオスなネタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

妙に生々しいから余計に笑えるwwwwwwwww

No title

先生、いつまで全裸で待ってればいいの?
そろそろ風邪引きそうなんですけど。
検索フォーム
リンク
応援サイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード