スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休中にヴァイス回して思った

デッキ構築について
俺がぱっと思いつくのはパワーデッキとアンコールデッキと相打ちデッキと回復特化と高ソウルデッキ

やっぱ使いやすいのは高パワーで舞台を制圧するデッキ
特徴や名称でパワー+して、ひたすらアタック
メリット
舞台が整えば大抵のデッキ相手なら完封することも
動きが単純だし、回しやすく、初心者でも使いやすい
デメリット
大抵のデッキに言えることだが、後列を除去されると身動きが取れない
特にパワー特化のみに重点を置いてバニラキャラを多めにしていると反撃できなくなることも
自ターン強化特化も反撃で崩壊なんてありえるから油断は禁物

アンコールデッキ
ひたすら手札アンコール、低コストアンコールなどで舞台を維持するデッキ
メリット
キャラをアンコールし続けることで舞台を維持し続けることが出来る
自ターン強化があれば相手舞台を削りながら自分舞台をそのまま維持とかもできる・・・かな?
デメリット
手札がモリモリ削られていくんで、ドロー強化が必須
アンコール付加キャラを後列に並べる場合、後列が除去されると(ry
追記:相手の舞台が削れないから相手の手札、舞台がどんどん整っていくのもデメリット

相打ちデッキ
相手舞台のキャラを相打ちで倒す+アンコールで相手舞台を崩していくデッキ
メリット
相手がどんなに高パワーだろうとこちらがリバースするだけで相手を倒せる
手札アンコールなどで舞台に残ることで相手のフロントアタックを防いで被ダメージを減らせる
デメリット
相打ち持ちにアンコール付加出来ないとこちらの舞台もモリモリ削られる
アンコールする場合、手札が減るから(以下アンコールデッキと同じ
レベル3を早だし、正面のキャラのレベルアップなどされると対応できない

回復特化
いくらダメージを受けても回復し続けることでいつか相手を倒せる
メリット
デッキコンセプトと同じ、いつか相手を倒せる
デメリット
レベル3からの回復を主体にする場合、高ソウルデッキ相手だとそのまま押し切られる可能性がある
キャラ効果の回復は相手リバース時1コストが多いと思うが、パワーが低いとリバースさせるのがそもそも大変
相手リバース時1コスト払うとストックが貯まらないからいざって時困る可能性もある

高ソウルデッキ
ソウルを高めてとにかく相手にダメージを入れ続ける
メリット
ソウルが高くなればサイドでの打点調整もしやすくなる
相手のクライマックスが見えてるなら、高ソウルで一気にダメージを増やせる
運にもよるが、1発逆転もありえる
デメリット
フロントって言うと基本キャンセルされる
キャラ効果とかイベントでソウルブーストしてもトリガーソウル+2とか出るとリフレッシュ→キャンセルとか普通にあるから困る

とりあえず高パワーデッキを組んでみるといいと思う
まあ俺も組んだこと無いデッキが↑に混じってるし、これがすべてではないし
で、基本戦術

手札の入れ替え
もうここから何を切るのか、何を残すのか、戦略が始まってます
前提
デッキ構築はパワーデッキ
後列はレベル0純応援+レベル2レベル応援

レベル0が手札に無かった時
手札を全部切る勢いが要ります
ただ、レベル1の主要アタッカーは1枚残します
割とすぐレベルアップするのに、せっかく手札にある主要アタッカーを切って控えからサルベージorデッキからサーチなんてもったいない

レベル0が前列、後列1枚ずつだった時
とりあえずレベル2,3のキャラは切ります
後列がきても、前列がきてもなんとかなるはず

クライマックスが2枚以上ある
俺は最近1枚は残しておくクセをつけてます
控えに置くとキャンセル率が下がってることが相手にばれてしまうから
残すクライマックスの優先度は2000+1>>シナジー用クライマックス>>ストックブースト>>1000+1
2000+1クライマックスは序盤でも使えるし、1枚ドローできるし、便利だから
シナジー用はレベル3キャラしかシナジーが無いなら(そんなこと無い気もするけど)切っていいかも
ストックブーストはストックを多く消費するレベルのちょっと手前で使ってしまいましょう
レベル1でサーチするならレベル0後半で、レベル2からでいいならレベル1後半で
1000+1は微妙に追いつけないときに使うか、相手がレベル1展開した時かな?
サイドでダメージ確保とかにでも

いずれの場合でも切る順番はレベル3>レベル2>シナジー無しクライマックス>シナジー有りクライマックス>レベル1>2000+1クライマックス

初手の理想はレベル0後列1、レベル0前列2、レベル1前列1、2000+1クライマックス1だと思ってる
だけどレベル0後列が2枚あるからと切る必要は無し

疲れたんで今日はここまでです
続きは気が向いたときに~

なんとなく

作ってみた
シャナデッキレシピ



シャナはカードリスト見たときは面白い効果があるなって思った気がしたけど、実際組もうとすると面白くないデッキになった
まあ、シャナのカードもってないし、いいか

デッキレシピフェイト編!

次はフェイトデッキです



今回のコンセプトは
赤を極力減らしてかつサーチ、サルベージしたい!

レベルごとの動きは今までとほぼ同じ
一応流れだけでも
Lv0
とりあえずストックためる
ここではまだ無理にサーチしない(←何回も回して学びました
とりあえずグレアムを握っておく
Lv1
ひたすら一途フェイト展開、後列がいなかったら後列サーチ
ひたすら一途がLv1メインになってるのは、助太刀に友達フェイトを使うと戯れるフェイト&アルフに追いつくからです
コスト節約と手札節約、どっちがいいかはわかんないけどね
まあサーチコストが重いデッキだから、コスト節約重視で
Lv1でLv2以降に必要なカードを揃えられると吉
ただし無理してストックカツカツで出せないなんてことには注意ですかな
Lv2
Withで後列バウンス+母を想うで前列を狩っていく
ABと似てるけど、ABとの最大の違いはWithをプレイしたとき、クロックブーストでパワーアップする→Withでも安全に狩っていけるってことかな?
パワーアップは余裕があればだけど
Lv3
雷光フェイトでトドメ
とにかくダメージを与えまくる感じ
雷光2枚展開、クライマックスシナジーでデッキ4枚戻し、サイド(レベル3相手でも一応ダメージが通る)でちまちま行きましょう
ガツンとフロントやると、相手キャラ倒したけどダメージキャンセル→返しで相手コスト0を展開→ダメージ通される→相手舞台がら空きでまたもダメージ通らない→返しで相手後列キャラを前に→ダメージ通って負け
ってパターンに入るんで、注意ですな

最近はLv3キャラ=プレイ時1点回復が当たり前だけど、フェイトは回復効果を持ってないんです

短期決戦で終わらせたいけど、それだとキャンセルされる
キャンセル警戒してダメージ刻むと長引く=ピンチになる
なかなか難しいですな~

デッキレシピ!AB編

てことでABデッキをいじった
レシピを晒そうか



コンセプトは
Lv3かなでってアンコールさせるよりパワー上げて殴ったほうが強くね?
で、流れとしては
Lv0
とりあえずストックをためる
カリスマボーカル岩沢で後列バウンスしながらちまちま思い出へ+音無で必要なキャラをデッキへ+相手前列を倒してくが同時に出来るのが理想
Lv1
音無でデッキに戻したキャラを麻婆豆腐で回収+控えに残った必要なキャラを高松+トルネードで回収
ここもストックはためたいから日向で粘る感じ
Lv2
後列にガルデモのリーダー岩沢を配置(ここでカリスマボーカル3枚目を思い出に送るくらいのペースでおk)
前列に過去を求める音無と不器用な対立かなでを展開
かなでで相手後列をバウンスしながら音無で狩っていく
Lv3
Lv2がうまくいけば、相手のストックがカツカツになると予想
展開してきたキャラを順番に心臓かなでで思い出送り+音無で狩る

こんな感じですかな~

1日中ヴァイスのデッキをいじってた

てことでヴァイスの話
後輩のヴァイスのモチベーションが上がってると聞いて、俺もカードを触りたくなったw
とりあえずフェイトデッキとABデッキをいじってみる

その際、ヴァイスデッキ作成ツールを参考にさせていただきました
使い方:カードを検索して、入れたい枚数だけどんどん追加してく→50枚集める→右上の「デッキカルテ」をクリック→大会優勝レベルのデッキレシピの配分と比較して、足りない部分、多い部分が表示されるから、それを参考に練り直す

フェイトデッキを診断してみた
1枚のみのカードが目立ちます
後列カードが不足しています
ドロー、サーチ、サルベージが不足しています

ぶっはww
どうやら大会レベルでは後列7枚くらいが普通のようです(レベル0を4枚、レベル1か2を3枚くらい?)
レベル0アルフは3枚しか持ってないんだよ・、。
とりあえず後列不足は無視で
1枚のみのカードってのはちょっと前にいじったときに入れたカードたちのことですね、わかってます
ディエチの集中でデッキ崩したり、ソニックフォームでパワー不足を解消しようとしてたんだ
これやめて、別のカードへ
Fの遺産も外して、怒涛の質問攻め2へ
ラグナ・グランセニック2にして、ギル・グレアムも追加
ヴォルケンリッターヴィータを入れたりしてみたけど、やっぱり後列が揃わないと意味ないから、グレアムで
レシピは眠さに耐えれないから、後日~
とりあえず後列不足以外は解決したw

そしてABデッキ
こっちの問題はなんだったかな
こっちは後列不足しか出てなかった気がする
ちなみに後列に見送るかなで並べてのアンコールビートはやめました
AB単だと手札を増やすのがアホみたいに苦手だからです
そして編み出されたデッキが
リーダー岩沢によるパワーパンプデッキ
見送るかなで→いらない子
司令官ゆり→いらない子
生徒会長かなで→いらない子
天使の麻婆豆腐→いる子
葛藤する音無→いる子

こんな組み方してる人あんまいないっぽいから解説でも~
レベル0:ひたすらストックをためる
余裕があればカリスマボーカル岩沢を思い出へ
このとき、葛藤する音無の効果で控え室に落ちた必要なキャラをデッキに戻しながら相手を狩っていく

レベル1:音無がデッキに戻したカードを麻婆豆腐で引いてくる
ここはアンコール持ちの想いに応える日向で耐える
日向は登場コストが0だから入れた

レベル2:後列にカリスマボーカル岩沢を並べる
不器用な対立かなでで後列をバウンスしながら、前列を狩る
過去を求める音無で効果使用→麻婆豆腐って手段はここでもアリかも
ホントはSSSゆりとのコラボが相性いいけど、ABデッキはパワー不足なんでバウンス優先で
前列に音無とゆりを1枚ずつ並べる→クライマックス死んだ世界戦線を置く→音無効果発動、レベル2以下の必要なカードをデッキへ→ゆり効果発動、戻したカードを舞台へ
ちなみに後列岩沢の記憶発動+中央の音無が効果発動で13000まで行きます

レベル3:心臓かなでを並べて、相手キャラをどんどん思い出送りにする
ふと思ったけど、助太刀→音無効果でデッキへ→麻婆豆腐とか鬼畜

ちなみに助太刀は戦線の敵天使しか入れてないです
歌いたかった歌→イベントなんで回収不可
椎名→レベル2なのに2500しかパンプしない=天使と500しか違わない
なんで天使だけにしました
こちらもレシピは後日~

とりあえず
デッキ作成ツールのデッキカルテは結構便利だった
ただ、あくまで大会選手のデッキの傾向から出した比率なんで、これが絶対正しいわけじゃないからアシカらず~
ちょっと回してみたけど、細かいバランスが微妙なのか、俺の腕なのか、どうもストックがたまらない
まだまだ回さないといけないですな~
検索フォーム
リンク
応援サイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。